このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

メイン コンテンツにスキップ

このブラウザーはサポートされなくなりました。

Microsoft Edge にアップグレードすると、最新の機能、セキュリティ更新プログラム、およびテクニカル サポートを利用できます。

Windows セットアップ:MBR または GPT パーティション スタイルを使用したインストール

  • [アーティクル]
  • 11/16/2022

この記事の内容

Windows セットアップを使用して UEFI ベースの PC に Windows をインストールする場合は、UEFI モードまたは従来の BIOS 互換モードをサポートするようにハード ドライブのパーティション スタイルを設定する必要があります。

たとえば、Windows cannot be installed to this disk. The selected disk is not of the GPT partition style というエラー メッセージが表示された場合、これは、PC が UEFI モードで起動されているのに、ハード ドライブが UEFI モード用に構成されていないことが原因です。 いくつかのオプションがあります。

  1. 従来の BIOS 互換モードで PC を再起動します。 このオプションを使用すると、既存のパーティション スタイルを保持できます。 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。

  2. GPT パーティション スタイルを使用して、UEFI 用にドライブを構成します。 このオプションを使用すると、PC の UEFI ファームウェア機能を使用できます。

    MBR2GPT ツールを使用して、データを保持し、ドライブを変換できます。または以下の手順に従って、ドライブを再フォーマットすることもできます。 再フォーマットを行うと、ドライブ上のすべてのデータが消去されます。

ドライブを変換する理由

多くの PC では BIOS の UEFI バージョンを使用できるようになり、これにより、起動やシャットダウンにかかる時間が削減され、追加のセキュリティ上の利点を得られます。 UEFI モードで PC を起動するには、GPT ドライブ形式を使用してフォーマットされたドライブを使用する必要があります。

多くの PC は UEFI を使用できるようになっていますが、従来のバージョンの BIOS を使用するように設定された互換性サポート モジュール (CSM) も含まれています。 このバージョンの BIOS は、1970 年代に開発され、さまざまな古い装置やネットワーク構成との互換性を備えており、MBR ドライブ形式を使用するドライブが必要です。

ただし、基本的な MBR ドライブ形式では、4 TB を超えるドライブはサポートされません。 4 つ以上のパーティションを設定することも困難です。 GPT ドライブ形式では、4 テラバイト (TB) を超えるドライブを設定でき、必要なだけの数のパーティションを簡単に設定できます。

別のパーティション スタイルを使用してドライブを再フォーマットする

Windows セットアップを使用してドライブをワイプして変換する

  1. PC をオフにし、Windows インストール USB キーまたは DVD を配置します。

  2. UEFI モードで、USB キーまたは DVD に対して PC を起動します。 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。

  3. Windows セットアップで、インストールの種類を選択する場合は、[カスタム] を選択します。

  4. [Windows のインストール場所を選んでください] 画面で、Windows をインストールするドライブ上の各パーティションを選択し、[削除] を選択します。 ドライブには、単一の未割り当て領域が表示されます。

    注意事項

    PC に複数のドライブがある場合は、適切なドライブ上のパーティションを削除していることを確認してください。

  5. 未割り当て領域を選択し、[次へ] をクリックします。 Windows により PC が UEFI モードで起動されたことが検出され、GPT ドライブ形式を使用してドライブがフォーマットされ、インストールが開始されます。

ドライブを手動でワイプして GPT に変換するには

  1. PC をオフにし、Windows インストール DVD または USB キーを配置します。

  2. UEFI モードで、DVD または USB キーに対して PC を起動します。 詳しくは、「 UEFI モードまたは従来の BIOS モードでの起動」をご覧ください。

  3. Windows セットアップ内から、Shift + F10 を押して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  4. diskpart ツールを開きます。

    diskpart
    
  5. 再フォーマットするドライブを指定します。

    list disk
    
  6. ドライブを選択し、次のように再フォーマットします。

    select disk <disk number>
    clean
    convert gpt
    exit
    
  7. コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

  8. Windows セットアップのインストールを続行します。

    インストールの種類を選択する場合は、[カスタム] を選択します。 ドライブは、単一の未割り当て領域として表示されます。

    未割り当て領域を選択し、[次へ] をクリックします。 Windows によりインストールが開始されます。

Windows セットアップが正しいファームウェア モードで起動していることを確認する

このプロセスを自動化するには、Windows PE から Windows セットアップを実行し、Windows をインストールする前にスクリプトを使用して、使用しているモードを検出する必要があります。 詳細については、WinPE: UEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートに関する記事を参照してください。

UEFI モードまたは従来の BIOS モードの起動

更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.12.03: DISKPART実行時の手順に注意文を追記

2016.09.06: UEFIマザーにMBR形式でOSインストールするケースが抜け落ちていた。補足追記。

Windowsをクリーンインストールしてる時、以下の画面から先に進めなくて困っているに向けた対処法ページです。

問題発生時の画面

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
エラーメッセージ例
ドライブX パーティションX にWindowsをインストールすることはできません
このディスクにWindowsをインストールすることはできません
EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。
などなど。

基本的な対処方法

  1. 「削除」ボタンを押して既存のパーティションを全て削除し、
  2. 「新規」ボタンで新しくCドライブを作成する

以上の手順でWindowsがインストール可能になります。
(詳しい手順は前ページで解説済)
(以前のデータはすべて消えるので、必要であれば事前にバックアップを取る)

まだインストール可能な状態にならない場合

まず、旧BIOSマザーとUEFIマザーでは、インストール用ドライブの形式が全く違う事を理解しましょう。また、UEFI/GPTでWindowsをインストールするには、HDD/SSDのボリューム (パーティション) 設定に色々お約束があります。

UEFIマザーの場合の注意点

インストールDVDのブート方法にも注意しましょう。

UEFI BIOSのブート設定画面

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大

  • インストールDVDをUEFIブートした場合のみ、Windowsは GPT形式でインストールされます。
  • DVDを旧BIOS互換ブートした場合、Windows は MBR形式でインストールされます。

以下、失敗の原因と具体的な手順の紹介です。

スポンサー リンク

失敗の原因

注意:
UEFIマザーで「DVDを旧BIOS互換ブートした場合」でも、便宜上「旧BIOS」と記載している箇所があります。UEFIマザー + MBR でインストールしたい場合は、以下の情報を適時読み替える必要があります。

  • 新品のHDD/SSDではない。
  • UEFIマザーで DVD を UEFIブートした場合、
    • Windows上で GPTフォーマットしてはいけない。
    • システム用のHDD/SSDはGPT形式でフォーマットする。
    • 旧従来のMBR形式のDiskにはインストールできない。
    • 過去にデータ用ドライブとしてフォーマットした場合、インストールメディアなどWinRE環境から初期化しなければインストール用のドライブとして使えない
    • 別PCでフォーマットしたDiskはインストールに使えない場合がある。
  • 旧BIOSマザーの場合/UEFIマザーでDVDを旧BIOSブートした場合
    • システム用のHDD/SSDはMBR形式でフォーマットする。
    • GPT形式のHDD/SSDにはインストールできない。
  • 以前のOSのシステムファイルが残っている
  • 以前そのディスクをダイナミックディスクとして使っていた。
  • GPTフォーマットする際、一定の作法に従わず、我流でパーティションを切っている

特殊な形式のDiskの場合や、MBRとGPTディスクを取り間違えた場合、上記の手順ではパーティションを削除できなかったり、見えないシステムファイルが残ってしまい、正常にWindowsをインストールできない場合があります。

そういう場合は、コマンドプロンプト上からDISKPARTコマンドを使ってHDD/SSDを完全にクリアな状態にします。

DISKPARTを使った対処方法

以下の手順を、インストールメディアやシステム修復ディスク、回復ドライブなどから行います。(起動したWindows上から実行しない)

先ほどの画面で、Shiftキー と F10 キーを同時押しします。

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
コマンドプロンプトが起動します。
注意: インストールメディアのコマンドプロンプトを使いましょう。

コマンドプロンプト上で、以下のコマンドを入力します

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
diskpart ・・・・DISK管理ツールのDISKPART起動
list disk ・・・・接続されたディスクをリスト表示(目的のディスクの番号確認)
select disk 0 ・・・・※目的のDiskが ディスク0の場合(自身の環境に合わせる)
clean ・・・・ディスクをクリーンな状態にする
convert gpt ・・・・ディスクをGPT形式に変換する ※UEFIブートの場合
convert mbr ・・・・ディスクをMBR形式に変換する ※旧BIOSの場合/UEFIで旧BIOSブートした場合
exit ・・・・DISKPARTを終了させる

注意

  • Windows 上のコマンドプロンプトでの操作はできるだけ避ける。
    インストールメディアのコマンドプロンプトで操作する。
  • この段階でフォーマットしない。
  • Windows上のコマンドプロンプトで操作する場合、GPTインストールの場合でもMBR形式でDISKPARTする。そしてフォーマットは絶対に行わない。
  • 他社製クローンツールを使う場合なども、MBR形式でDISKPARTするケースがあります。

ここまで実行したら、コマンドプロンプトは「X」印で終了させてOKです。

「最新の情報に更新」をクリックします

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
ディスクの状態がまっさらになり、インストール可能な状態になっています。

インストールするパーティションを作成しましょう。

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
Cドライブ (必要ならばDドライブ)のパーティションを作成すればOKです。
システムパーティションは自動で生成されます。
あとは、「対処方法1」の手順でパーティションを作成していけばOKです。

対処終了後

ようやくインストールできる状態になりました。

このディスクにwindowsをインストールすることはできません gptのパーティションの形式ではありません

▲クリックで拡大
※画像はUEFIマザーでGPT形式でインストールする場合のものです。

最後に注意

最近のWindowsでは、システム、回復、予約、MSRパーティションなどが自動的に作成される場合があります。これらをユーザーが勝手に削除してはいけません。
再びWindowsをインストール出来ない状態になるか、もしくはインストール終了後に予期せぬ不具合の原因になります。

これでWindowsのインストールが先に進める状態になっているはずです。